• ホーム
  • ダイエットによい食事とはどんなもの?

ダイエットによい食事とはどんなもの?

ダイエットによい食事は、カロリーが少なくてボリュームがあるものです。
肉類ならば鶏肉はカロリーが低くて、タンパク質が多いので痩せるために適しています。
脂肪は全カロリー中、最も高カロリーで1gあたり9kcalもあります。
糖質・タンパク質の4kcalに対して2倍以上も高カロリーなのです。

全般的にタンパク質の含有量の多いものは、ダイエットによいことが知られています。
大豆食品全般は血液を綺麗にしてくれますし、畑の肉と言われるほど高栄養価です。
栄養価の低い食べ物ほど高カロリーの傾向があるため、タンパク質・ビタミン・ミネラルをバランスよく含んだ食材を摂ることが大切です。

最もダイエットによい食材は野菜全般です。
野菜ダイエットという方法があるほど、野菜は痩せるために適しているのです。
食事の最初に野菜を食べるだけで、適度な満腹感を促して食べすぎを防いでくれるのです。
野菜は見た目の量に対して、非常にカロリーが低いのが特徴ですが、食物繊維やビタミン・ミネラルは豊富に含まれています。
野菜をあまり食べない方は脂肪の摂りすぎになりやすく、体臭も強くなるので注意が必要です。

主食は食物繊維を豊富に含んだものがよく、白米よりも玄米のほうが痩せやすいです。
太りやすさはカロリーだけで決まるものではなく、含まれる栄養素の配分なども関係しているのです。
白米と玄米のカロリーは大差がありませんが、玄米のほうが食物繊維その他の栄養素が豊富であり、ダイエット食材として適しているのです。
無理な食事制限はリバウンドの原因となりますが、上手な食事制限ならば健康によいのでぜひ取り入れるべきです。
低カロリー食材なら満腹になるまで食べても、脂肪として蓄積されにくいのです。